ケアプロストの成り立ち

ケアプロスト、というのは今や美容アイテムでありまつ毛が薄かったり短かったりする人の悩みを解決してくれる薬として注目を受けています。
この、ケアプロストは実は割と最近できた薬なので歴史もそれほど深いわけではないんですね。
今回は、そんなケアプロストの成り立ちを紹介しましょう。

ケアプロストの成り立ち

ケアプロストは、元々主成分のビマトプロストを持つ緑内障の治療薬として使うための臨床試験で、副作用でまつ毛が伸びる、濃くなるという効果を逆に主な効果として利用したものです。
元々は、美容目的として作られたものではなく抗がん剤を投与するガン闘病患者が、その副作用でまつ毛が抜けてしまい目にゴミが入りやすくなってしまう患者さんのまつ毛のケアをするために用いられるような薬だったんですね。
それが、医療用の薬として認知され現在は美容目的でも使われるようになっているのです。

どのくらい違いがあるのか

まず、このケアプロストですがまつ毛美容液のように長い時間をかけなければいけないのではないかとか、大した効果はないのではないかとか様々な不安の声もあります。
しかし、ケアプロストの効果は非常に高くまつエクと呼ばれるまつげエクステをつけているのと同じくらい長くなったというような効果報告もあるくらいなんですね。
しかも、それを地のまつ毛で行えるという大きな効果がアルのです。

まつ毛が長い利点

まつ毛が長くなると、当然ですが見た目もよくなりますね。
そして、それだけでなくつけまつげやマスカラなどのメイクの所要時間が減りますので朝が楽になります。
そして、メイクを落とす手間も当然少なくなるので時間も短くなるから、時間節約にもつながるんです。

関連する記事