ケアプロストのビマプロストとは

ケアプロストというまつ毛育毛剤は、今注目を受けている女性から大人気のアイテムです。
マスカラいらずのまつ毛になる事が出来る、という事で徐々に使用者も増えてきているのですが、このケアプロストという薬の主成分であるビマトプロストについてを紹介しましょう。

ビマトプロストとは

ビマトプロストは、ケアプロストの主成分でありまつ毛の成長期を伸ばし、まつ毛が長く濃く成長するのを手伝ってくれるという効果がある物です。
今でこそ、女性からまつ毛を育成するのに使えるという事で人気でこそあるのですが、実は元々はこれは緑内障の患者さんの治療の為に使われる物だったんですね。
眼圧を下げる事で視野の狭窄を治療する効果があるのですが色素沈着やまつ毛が伸びてしまうというような副作用が生まれてしまった事から、実は敬遠されるような薬でもあったんですね。

意外な使いみちが生まれた

緑内障患者にとっては、敬遠したくなるような効果ではあるのですが逆にこのまつ毛が長くなってしまうという副作用は、女性にとっては喜ばれるのではないかということに気づいた事で新しくその副作用を寧ろ主な効果として売り出す事を思いついたわけです。
それが、このビマプロストを用いたケアプロストが生まれた理由なわけですね。
実際、ビマトプロストはまつ毛が伸びる以外の大きな副作用などは無いので渡りに船、というわけです。

思わぬ使いみちで大人気

実際、ビマプロストというのはまつ毛が伸びてしまう事自体が副作用なわけですから、ケアプロストというのはよくある薬の副作用などが殆ど無いわけです。
しかも、眼圧が下がるので瞼が柔らかくなり人によっては二重になったりすることもあるそうなので、より美容に効果があるんです。

関連する記事