ケアプロストとルミガンの違い

長い睫毛、濃いまつげというのは女性にとっては特に目元を美しく見せたい人にとってはメイクしなくてもそれを持っている事は憧れになりますね。
そんな睫毛を作るのに役立つ、ケアプロストという薬があるのですが、これはどんな薬なのかを紹介していきましょう。

ケアプロストはどんな薬か

ケアプロストが、睫毛を長くしたり濃くしたりするという効果があることは、意外と知っている人も多いのですがこのケアプロストがどんな風にしてそういう効果を持つかということは知らない人が多いです。
ケアプロストの主成分はビマトプロストと言って、これは睫毛を増やしたり長くしたりしてくれるのですが、実はこれ元々は緑内障の治療薬であるルミガンという薬に使われていた成分なんですね。
つまりは、主成分だけ言うとケアプロストはルミガンという緑内障の治療薬と同じ、ということです。

どんな違いがあるのか

元になったルミガンという薬とケアプロストが全く違う薬であるのならば、そもそも違う薬として売り出す必要がないですからね。
勿論、ルミガンとケアプロストは主成分が同じなだけで違いはちゃんとあります。
まず、ケアプロストというのはルミガンなどのジェネリック医薬品なのです。
だから、単純に購入する場合はケアプロストの方が価格が安く、同じ効果なのにコストパフォーマンスがいいという違いがあるんですね。

どのくらい違うのか

実際、価格はどのくらい違うのかという事ですがまず1000円以上は確実に安いです。
更に、後発医薬品なので出回っている数も多いので比較的購入をし易いということもあって、品薄などにならないということもあい購入の手軽さなどを考えても非常に優れているという事が言えます。

関連する記事