ケアプロストの生まれ方

ケアプロスト、というのは睫毛用の育毛剤として今注目を受けている薬ですね。
美容アイテムとしても非常に優れている効果があるとしてとても人気ですね。
しかし、このケアプロストというのは元々睫毛育毛剤として生まれたものではないんです。

ケアプロストの誕生の経緯

ケアプロストは、睫毛を長く濃くするという効果がある美容アイテムとして非常に人気のある睫毛育毛剤として知名度を高くしてきているのですが、元からまつ毛育毛剤として作成しようとしたものではないんですね。
実は、ケアプロストというまつ毛育毛剤が生まれたのは全く関係のない薬の副作用として現れた効果に気づき、それを転用した事から始まった者なんですね。
ケアプロストは、いわば薬の副作用から生まれた全く予想していなかったところから物だ、ということなんです。

ケアプロストは何から生まれたのか

ケアプロストは、元々は緑内障の治療薬として作られたものの副作用から生み出されたんです。
緑内障の治療薬、ルミガンという物を製造していたのですがそれの臨床試験の中で被験者の睫毛が長くなった、睫毛が太くなったというような症状が報告されました。
これは、ルミガンの中に含まれているビマトプロストという成分の働きなのですが、元々は緑内障の視野悪化を防ぐ効果があったんですね。

意外な生まれ方について

ケアプロストのように、副作用で効果が発見されて生まれ別の用途として使われる薬というのは、実は現代においてはそれほど珍しいケースではないんですね。
特に、育毛や発毛などの効果を出す薬というのは色んな薬の副作用が見つかって、その成分を元に作るというケースも結構多くケアプロストもその一つだと言えます。

関連する記事